日本三大都市

スポンサーリンク

現代の三大都市

・東京特別区

・大阪市

・名古屋市

三大都市圏の中心都市として一般的には上の3都市。純粋な都市人口や密度でいえば、横浜市が名古屋市に代わる。大正から昭和初期にかけて、東京、大阪以下、京都、神戸、名古屋、横浜の4都市が横並びであったが、戦後は名古屋と横浜が一歩ずつ抜け出す。

なお、大阪、京都、神戸、名古屋、横浜は、1943年から1956年に政令指定都市制度の原型といえる「五大都市行政監督特例」という制度を適用されており、少し前まで「五大都市」といえばこの5都市を指したのかもしれない。現在においては一般的に、東京、大阪、名古屋、福岡、札幌のことをいう。

近世の三大都市

・江戸

・京

・大坂

いわゆる「三都」。大坂の陣で大坂は一時的に停滞し、江戸幕府の本格的な発展にともなって江戸が京をも抜き、ロンドン、パリを超える世界最大の100万都市となった。それ以前の中世においては、京、奈良、鎌倉が三大都市となり、「中世の三都」とされる。

資料:日本の都市ランキング